2024年2月18日 (日)

サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修】オンライン版

サーフィンが上手くなる方法は、上手くなるコツを知っているか知らないかです。
知らない方は、上手くなる前に挫折してしまうといっても過言ではないと思います。

闇雲に海に入るのではなく、明確な目的のあるトレーニングをすることで、
遠回りすることなく、短期間で悩みを解決しサーフィンが上達します。

私のレッスンを受けられた方々は、口をそろえて・・・

「え~、これがポイントなんですか~」

と不思議がられます。
自らの経験と数多くのサーファーを見てきた集大成であるからこそ、サーフィンに必要な知識と体の使い方・体作りをあなたに自信をもってお伝え したいと思います。

この「サーフィン上達プログラム」を本気で実践すれば、思い通りのテイクオフとテクニックを手に入れ、
サーフィンがどんどん好きになることでしょう。

サーフィンを愛する気持ちを、私は応援しています。


サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修】オンライン版

ボディボード上達革命【日本チャンピオン6回、世界大会日本人最高位 近藤義忠 監修】オンライン版

私、近藤にはプロになる前から、共にボディボードに明け暮れていた日々を過ごした唯一無二の親友がいました。良きライバルであり、理解者であり、いつも一緒に海に入っていました。

その日も、いつもと同じようにその親友と波乗りを楽しんでいました。
波に乗った後、ビーチをふと見ると、いつも違った光景がそこにはありました。車が集まっていて、一斉にパッシングしていたのです。

「何があったんだろう?」

と状況をすぐには理解できずにいました。

ビーチまで戻り、近くの人に何があったか聞いてみました。私は耳を疑いました。

波乗り中に事故があったんです。しかも、一緒にいた親友がその事故に遭っていたことが分かりました。そして、そのまま親友は助かることなく命を失いました。

いつものように海で会い、いつものように波に乗って、いつものように帰るはずが、そこにはもう親友はいませんでした・・・。

まったく予想だにしなかった事故。「まさか・・・」「なんで?」と心は大きく揺れましたが、言葉にならない思いが体全体を覆っていました。

「今日、一緒に海に入らなければ・・・」「俺がもっと注意していれば助かったんじゃないだろうか・・・」そんな後悔が押し寄せ、自己嫌悪に陥っていました。

そして、「もう波乗りなんかしたくない。もう海なんか見たくない。」という思いが私を支配していました。

その後、その親友の両親に会いました。一緒にいて気付けなかった自分は何事もなくこうして生きている。親友の両親には怒鳴られても、殴られてもおかしくはないと思っていました。どうしようもない自分にそうして欲しかったという気持ちさえありました。

なんて言えばいいのかも分からないし、どんな顔をして会えばいいのかも分からない、どうしたらいいか頭の中は真っ白のまま、親友の両親に会いました。
そのとき、言われた言葉は今もはっきりと覚えていますし、今後も一生忘れることはないでしょう。

彼の両親はこう言ったんです。
「息子の分までがんばってほしい」
体が震え、涙が止まりませんでした。その日を境に私の中に強い思いが生まれ、決意しました。

「俺は一生ボディボードを続け、この業界を発展させなければならない。」

この決意が、私の人生を大きく変え、今があります。

だからボディボードに出合い、こうして向き合っているあなたのためにも何か貢献したい、そういう思いが私にはあります。

そして、まだまだ伝わり切れていないボディボードの魅力をもっと多くの人に伝えたいとも思っています。

この動画教材を通してあなたの役に立つことで、あなたが生き生きとボディボードを楽しむようになれば、その姿を見た多くの人にボディボードの魅力がもっと伝わるだろうと確信しています。

ボディボード上達革命【日本チャンピオン6回、世界大会日本人最高位 近藤義忠 監修】オンライン版

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】オンライン版

本来であれば、今回、タイアップさせて頂いたAkinori先生から
直接、レッスンを受けようと思えば、プライベートレッスン代がかかります。

また、Akinori先生はとても忙しく、誰もが彼の直接レッスンを受けられるわけではありません。

しかし、このページをお読みのあなたは、自宅にいながら、
Akinori先生の特別な指導法を、いつでも、好きな時に、体験することができるのです。

また、生徒に授業で見せることもできます。

今回も、あなたのご負担は最小限になります。

ヒップホップダンス指導革命を

自宅で何度でも学べる動画教材形式
だけではなく、

特典1 :180日間のメールサポート
特典2 :Akinori先生 特別対談映像
特典3 :5000円キャッシュバックキャンペーン
このように、3つのプレゼントがもらえるにもかかわらず、
わずか16,000円で手に入れることができるのは今回だけです。

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】オンライン版

フラメンコを自宅でマスター!鈴木眞澄のフラメンコレッスン・オンライン版

フラメンコはもちろん、まったく踊りにも関わったことがない方に、
見るだけで、「これならわかる!」と言わしめた方法です。

フラメンコの基礎から詳しく説明し、
1曲しっかり踊ることができるように、
部分的に解説しながら、またゆっくりの速度でも踊って見せています。

各段階に応じて、少しずつステップアップできるような
構成で進められています。

決して焦る必要はないのです。

あなたのペースでできるように
わかりやすく、じっくりと解説を行っています。

また、動画教材ですから、好きな時に止めたり、
早さを変えたりもできます。

フラメンコを自宅でマスター!鈴木眞澄のフラメンコレッスン・オンライン版

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~オンライン版

フルマラソンを完走して、爽快感・充実感を味わいたい・・・

今の走り方やトレーニングは、本当に効果的だろうか…

YouTubeの無料で得られる情報は、信用して良いのか…


もしかすると、このように思われているかも知れません。

あなたは、
どうすれば膝が痛くならないで、マラソンが速くなれる
と思いますか?
ランナーとしての 理想的な身体の使い方 はご存知でしょうか?

走り込みで『下半身を鍛える』『ひたすら量をこなし反復練習をする』

いいえ…これだけでは、

決して、良いランナーにはなれません。


このような練習は、
私から言わせれば数世代前の練習と言わざるを得ません。

「じゃあ一体、どんな練習をすれば…?」


【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~オンライン版

アーチェリー上達革命~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】オンライン版

世の多くのアーチェリー愛好家たちが、はじめて
弓を握り、アーチェリ―というスポーツへの扉をたたくとき、
最初に受ける指導の多くが間違っていることが
その後のアーチェリーの悩みの多くを生み出してしまう最大の原因です。

はじめてのコーチや先生から、
本当に良いフォームを見せてもらえない・・・
適切で解り易い指導を受けることが出来ない・・・
間違った指導を受けている・・・
これがアーチェリーの上達に悩む選手、愛好家の悩みの原因です。

もちろん上手くなる正しい指導法で教えている指導者もいますが、
マイナースポーツがゆえに非常に少ないのが事実です。

間違った指導の結果、『悪い癖」が体に染みついてしまい、
上達できずにアーチェリーをやめてしまったり、
本当は力があっても、伸び悩む・・・

本当に残念ですが、
そんな学生や一般アーチャーを数多く見てきました。

とりわけ、重要なフォームについては問題があります。

アーチェリーには、構えている時の形、「静的射型」と
体の動きを意味する「動的射型」があります。

止まっているとき、静止しているときは素晴らしいフォームなのに、
射の流れで動きになると、すなわち動的射型が乱れ良い射ができない結果となります。

それら両方がともに重要であることをしっかり理解し
実践できる選手、指導できるコーチが少ないです。

さらに、アーチェリーに必要な筋肉だけでなく「骨」を上手く使って
射の練習をするということを正しく実践出来ていません
スタミナ不足で力負けしてしまう原因にもなるのです。

そして、今回のプログラムでは詳しく説明しましたが、
一般には知られていない重要なテーマ
「弦サイト」を知らないこと、あるいは知ってはいても
上達のために、正しい理解をしているアーチャーが極めて少ないことも原因です。

上達に悩むアーチェーがこれほど多い原因は、まさにそこにあります。

それでは、このプログラムで何が得られるのかを説明します。

アーチェリー上達革命~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】オンライン版

バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】オンライン版

人一倍、練習量はこなしているのに、人並みのレベル以上に上達できない…
トップレベルの選手になるために実践している今のトレーニングは、
本当に効果的だろうか…
      YouTubeの無料で得られる情報は、信用して良いのか…
もっと選手たちのレベルを引き上げてあげたいが、今の指導法で十分だろうか…

もしかすると、このように思われているかも知れません。

あなたは、どうすればバドミントンがさらに上手くなり、トップ選手といわれる
ようなレベルに達することが出来ると思いますか?

選手としての理想的な身体の使い方はご存知でしょうか?

走り込みで『下半身を鍛える』 『ひたすら量をこなし反復練習をする』
『強い相手と練習試合をして実戦慣れする』

いいえ…これだけでは、

平均的な「上手い選手」になることはできますが、
より高いレベルへの効率的な上達はできません。

このような練習は、私から言わせれば数世代前の練習と言わざるを得ません。

「じゃあ、一体、どんな練習をすれば…?」


バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】オンライン版

バドミントンジュニア上達の極意 【小平ジュニアバドミントンクラブ監督 城戸友行 指導・監修】オンライン版

小学生のバドミントンは指導者で決まるといっても過言ではないでしょう。

小学生の指導の場合、大学や高校、あるは中学校などと違って、もともとバドミントンをやっていてうまい選手が集まっているとは限りません。

初めてバドミントンをやる子供はもちろん、体の大きい小さい、体力や筋力の有無、運動神経のありなしとは関係なくさまざまな選手が集まってきます。

そうした状況下においても継続的に結果を出せるということは指導者の良し悪しの影響が大きいということは明白でしょう。

では、強豪クラブというのは一体どんなことを子供に教え、練習しているのでしょうか?

それをお伝えするために、このページでは全国屈指の強豪クラブの1つである小平ジュニアの強さの秘密についてお伝えします。

特に注目したいのは、城戸友行監督が小平ジュニアに移ってきてから明らかに優勝回数や全国大会出場回数も増えているということです。男子の若葉カップ全国小学生バドミントン大会に至っては3連覇も果たしていますから、城戸監督に大きな秘密があるということです。

結果が出る理由はなんなんでしょうか?

バドミントンジュニア上達の極意 【小平ジュニアバドミントンクラブ監督 城戸友行 指導・監修】オンライン版

ハーモニカ上達革命~音楽経験ゼロでも自宅で楽しくマスターできるブルースハープ習得講座~ 【世界2位のプロハーモニカ奏者 平松悟 監修】オンライン版

YouTubeや無料の動画を沢山みて何が正しいか混乱している
思うようにベンドができない
練習する時間がない
音が分からず耳コピーできない
キーが分からず、どのハーモニカを使ったらいいか分からない
アドリブができない
音が混ざってしまってキレイな単音が出ない
演奏していると手が疲れたり、唇が疲れてくる
だんだんと吸うのが苦しくなってしまう
2番を吸っても正しく音が出ない
楽譜が読めない
これから始めたいが、何から練習したらいいか分からない
などなど……困りごとや分からないこと、うまくいかないことはたくさんあるもの。

しかし、そうした困りごとは全てこのプログラムで解決することができることでしょう。
ここでお伝えしている平松先生の教えは、上手いブルースハープの演奏者に共通している

『キレイな音色』
『曲にぴったりとマッチしたアドリブ演奏』
『的確なリズム感』
『聴衆を魅了する演奏テクニック』

など、これ以外にも上手い奏者として必要な要素を強化、改善し、今日初めてブルースハープを手にした初心者でも、1ヶ月もしないうちにキレイな音が出せるようになるでしょう。

例えば、経験上、単音が出せない人はほとんどがやり方を間違えているだけです。
正しいやり方を知ることでものの3分で単音が出せるようになる人も少なくありません。
ベンドができない人も同様にやり方を間違えているだけという人がほとんどですから、たいていの人が簡単に音を下げることができるようになっています。

もちろん、なかなか思うように演奏できないと悩む初心者や中級者も1ヶ月もあれば、格段にレベルアップできるでしょう。

なにせ、平松先生の指導によってブルースハープを始めてからわずか2年で全国大会で準優勝している人がいますし、全国大会に出られるようになっている人はたくさんいるのですから。

しかしながら、多くの人が次のような勘違いや間違いをしていたり、正しい演奏方法、練習方法を知らないという理由でなかなかうまくならないという状況に陥っているようです。
センスや才能は関係がないのにもかかわらず。

※ブルースハープはホーナー社の10穴ハーモニカの固有名詞ですが、ブルースハープ=10穴ハーモニカという認識の方も相当数いるかと思いますので、ここでは10穴ハーモニカ全般をブルースハープと表現します。

ハーモニカ上達革命~音楽経験ゼロでも自宅で楽しくマスターできるブルースハープ習得講座~ 【世界2位のプロハーモニカ奏者 平松悟 監修】オンライン版

犬のしつけ革命~科学的に確立された犬の問題行動を改善する方法~【4000組以上の犬と飼い主に関わってきた犬のエキスパート 西川文二  監修】オンライン版

犬と飼い主との間に必要なのは主従関係ではなく親子間のような信頼関係です。

飼い主が叱りつけたり暴力を奮ったりして無理に主従関係を作らされたような犬は、一見すると問題行動がなくなってよかったと思うこともあるのかもしれませんが、単に力でねじ伏せられているだけですから恐怖政治で支配しているようなもの。
それに別なところで弊害が出ている可能性が高いです。

例えば、叱ってしつけているような飼い主は視線を合わせるのを避けるようになります。
目も合わせてくれないような関係なんてとてもではありませんが、まともな関係ではありませんね。

立場を上だと分からせるために口を押さえつけるマズルコントロールなどは間違ったしつけの典型例の1つです。
なかには犬が「キャイン」と鳴くまでマズルコントロールをやり続けるというようなケースもいまだにあるようですが、そんな行為はもはや虐待です。

そうとは知らずに効果のある方法だと勘違いして犬を痛めつけるようなケースがあると思うと本当に胸が痛みます。

そして、何より悲しくなるのは、こんなことすら知らないまま、いまだにパックリーダー理論(支配性理論)にもとづいて有害な“アドバイス”をしているブリーダーやペットショップ、さらにはドッグトレーナーやなんと獣医までいるということです。

犬のしつけ革命~科学的に確立された犬の問題行動を改善する方法~【4000組以上の犬と飼い主に関わってきた犬のエキスパート 西川文二  監修】オンライン版

«ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法【日本トップクラスのカリスマ訓練士 藤井聡 指導】オンライン版